小説 「蛍光灯と蛍雪」

小説
蛍光灯と蛍雪
中村 茉貴


 何時だっただろうか。僕がこの地に足を踏み入れたのは。仕事で入力ミスのヘマをして、メディアに派手に報道されて、アメリカから自分の名前の知られていない土地に越した。やり直す為に。逃げてきたといってもいい。
 正式には『引っ越そうとしている』の方が正しいだろう。この時代、メディアが普及していない場所なんて先進国には無い。かと言って言語から学びなおすのはごめんだった。そんな無理難題・我侭この上ない条件の下ようやく見つけたのがインドの低い山の一つにあるこの村だ。そうして僕は丁度空いていた一軒家に転がり込み、20XX年の冬が終わったばかりの頃の春先、今に至っている。
 世話を焼いてもらっている家族の家のベランダに座りつつ、村を取り囲み、限りなく広がる草原を見渡し、澄んだ空気を深く吸い込んだ。都会からだといざ旅行に行かない限りなかなか体験する事はできない。都会にいると人は自然の中の、宇宙のなかのちっぽけな存在に過ぎないという事を忘れてしまいそうだった。
 そんな、なんとなく切ない気分に浸っていると背後に気配を感じた。振り返ると、この家の一人娘のラタが、壁の陰から顔を覗かせていた。彼女はまだあどけなさの残る顔で笑うと、
「お茶をどうぞ」
と淹れたての茶の入ったコップを手渡してくれた。
「ありがとう」
僕が笑い返して言うと、道側から子供の声が聞こえてきた。気をとられてそちらを見ると、ラタ位の年齢の子や、それより多少幼い子の集団が、僕が先程見ていた方向に向って駆けていっていた。その内の一人の少女が
「ラターっ」
とこちらを振り向いて手を振り、そのまま駆けていった。
ラタは笑いながら手を振り返したが、あの集団に加わろうとはしなかった。
「おや、君は一緒に行かないの」
僕が不思議に思って問うと、少女は残念そうな顔をして、日差しの中で輝く雪山の方向に目をやった。
「私ね、足が動かないの。山の中で友達と遊んでて、転落して以来ずっと。普段はカートに入って友達や家族に押してもらってるの。自力でも動けるには動けるんだけど、何せ木製だし、あまり遠くには行けないの」
 そう言って彼女は先程まで留まっていた壁の陰から出てきた。見ると、彼女はいかにも素人が一生懸命作った木製の車椅子に座っていた。実を言うと、彼女と会うのは今日がまだ二回目であった。一回目は彼女の両親に夕飯に招かれたときだった。僕は食べ終わってもずっと座っている彼女を、行儀がいいと感心していた。
「そう……悪かったね。こんなこと聞いて」
「いいんですよ。事実ですし。でも、自分の過失で、友達や家族に迷惑をかけて、申し訳ないな、って」
 そう言って彼女はすっかり冷めてしまった茶を一気に飲み干した。きっともう一度自分の足で立ちたいんだろうな。当然と思っていたものを失って、その日常を取り戻したいと思わない人なんているんだろうか。そんな思いに浸っていると、僕ははっとした。自分が学生だった頃、あるフォーラムに出席したのを思い出した。そこで山海さんという人が披露してくださったのが、人の神経伝達物質の発する電気信号、運動意志を感じ取り、その通りに動くロボットスーツだった。パチンコ屋の店頭に飾ってあるSFチックなポスターから飛び出てきたような代物だった。試着した女性も、観客席の僕らも、そのスーツが素晴らしくて、余りの感動に息をのんだ。
「おじさん、お昼も家で食べていかない?どうせ皆は昼も忘れて帰ってこないから、お母さんにいいか聞いてみる」
 物思いに耽け、冷めてしまった自分のお茶を飲み干しながら、僕は彼女の去っていく後姿を見守った。


 「どうしたのかね、デイビス君。急用とは何だね」
 その日から数日後、僕はこの村で一番造りの良い家-村長の家を訪ねていた。床にはペルシャ製の絨毯が敷いてあり、そのリッチな赤と金の装飾は家の暖か味を引き立てていた。
 あの日浮かんだアイディア。それは山海さんが開発したロボットスーツをラタに着せてあげる事だった。発売当時は金持ちや研究者・医療関係業者にしか扱えない程の金額だったが、今はさほど高くは無い筈だった。
彼女にスーツを着せてあげる事を決断した後、まずは村長とその子の両親に許可を得て、その後に彼女の意志を聞いてみることにしたのだった。
 「ラタを、もう一度歩かせてあげたいんです。その為に、ロボットスーツというものを彼女に装着させてあげたい」
 何の前触れもなく申し立てをした僕を前に、村長はぽかんとして見た。
 「ロボットスーツ……」
 「はい。日本の山海嘉之(*1)という人物が作った、いわば人工神経です。人の何処何処をどう動かしたいという意志を読み取って、その補助を行うスーツです」
 「よそ者の僕がいきなりこんな申し立てをするのは、とても僭越行為だと思っています。でも、スーツを手配する手立ては既にたててあります。後は村長と彼女の両親の承諾、それと彼女自身の意思です。許可をいただけませんか」
 僕が両膝に手をつき、頭を下げると、村長はうーんと唸り、身体の前で腕を組んだ。
 「私は科学に疎くてですね、ロボットスーツというものも今日始めて耳にしましたよ。まあ実際、村の者は全員ラタの事を哀れんでいますからね。なにせ辺鄙な村なもんで。自然と戯れて共存する他、生きられませんのや。まあ科学に疎いのはこの村の者全員ですが」
 最後にそう付け加えると、彼は豪快に笑った。
 「では……」
 「よし、いいだろう。障害者を助けてやりたいと思う貴方と貴方の良心を信用しよう」


 そうして一ヶ月余り経った晴れた一日、僕は再びラタの家のベランダに立っていた。ただ今回は、僕は景色ではなく、白いSF風のスーツを装着したラタを見ていた。そして周りには村中の人が円周を作ってみていた。
 「動いてごらん」
 彼女は恐る恐る僕を見た。
「やってるのよ。でも、何も起きないじゃない」
長年蓄積されてきた願望の成就への期待を裏切られたように思ったのか、彼女は失望した。でも、僕はロボットスーツが失敗したのではないという確信を持っていた。
「ちゃんと動こうとしているのかい?それとも、君が僕に話してくれた、動こうとする意志は口先だったのかい?」
そう問うと、彼女の顔はパッと赤くなった。
「馬鹿にしないで!」
「これ!それが年上の人にする口の聞き方かい!」
母親にパシッと頭を叩かれながら、彼女は眉間に皺を寄せ、集中した。見ているもの全員が唾を飲んだ。
すると、彼女の左足が持ち上がった。そして左足が地につきそうになると、今度は右足が持ち上がる動作を起こした。類人猿から現代人類までの進化の絵図のようなぎこちない動き。それでも、

「奇跡だ」

 大衆からため息が洩れた。どうやら皆、唾と共に息も飲み込んでいたようだ。その間に彼女は前進後退、それにスキップまでも披露していた。
「ねえ、おばあちゃんに着せてもいいでしょう?おばあちゃん!おばあちゃんも着てみて!凄いのよ!」
 彼女や、彼女を囲む人達の顔には笑顔があふれていた。そう、科学とはこうして人を幸せにするものなのだ。僕はロボットスーツが自分の開発品であるかの様に満足した笑みを浮かべた。興味深深でスーツを装着した彼女の祖母は、素頓狂な声を挙げて、
「ああ、冷たいねえ。こんなもん冬に着たら凍え死んでしまう」と言い、その場で軽快に足踏みをして見せた。家の中は笑いに包まれた。


 あれから数年たった後、今度は村長から僕にお呼びがかかった。
「お呼びでしょうか。ラジム氏」
この村で一番造りの良い家に入り、僕は尋ねた。床には外国製の絨毯が敷いてあり、そのリッチな赤と金の装飾は家の暖か味を引き立てていた。今日は床の間に招かれ、村長は中央の食卓の上座に座っていた。
「まあまあ座りたまえ。君がこの村に来てもう数年が経った。今ではもうすっかり家族の様だ」
僕は腰掛け、突然の村長のスピーチにはあ……と曖昧な返事をした。
「いやね、君に是非会って話がしたいという若者がいてね。君が数年前のあの日、ラタのロボットスーツの件で私に許可を貰いに来たとき、『村のモンは皆科学に疎い』といいましたが、実は一人いるんですよ。外国に留学して、つい最近戻ってきた、この村きっての切れ者でして。君がここに来たばかりの年に起こした奇跡について耳にしてね。君がこの村に先進の気風を入れたいと願っていることも知っている。家族の善良なる野望に、この際力を入れてみたいのさ」
村長が朗らかに笑い、
「入ってきたまえアイダ君」
と左の壁方向に言うと、 ドアから若い女性が入ってきた。
「こんにちは、アイダ・マヒンドラです」
アイダは部屋に入り、お辞儀をした。
 「エドウィン・デイビスです。こんにちは」
 二人が挨拶を交わしたのを見取ると、村長は席を離れ、玄関に向った。
 「私は用事があるので出て行きますが、お二人はどうしますか。ここを使って話を続けてもいいですよ」
 どうしようかと思っていると、彼女が口を開いた。
 「ありがとうございます。でも、話の続きは私の実家でしようと思っています。よろしいですよね、デイビスさん」
 「うむ、ではまた今度」
 「はい、お邪魔しました」
 「さようなら」
 村長が頷き、アイダがお辞儀をしたのに釣られ、僕は了承の意をろくに示さないまま村長に別れを告げた。

 そうしてアイダの実家への路についた。
 「改めて自己紹介をさせてくださいね。アイダ・マヒンドラと言います。つい最近まで中国でエンジェニアリングを学んでいました」
彼女がそう言うと、僕は足の下の、草の芽が顔を出し始めている泥道に目を向けた。小石に左足があたり、転がっていった。
 「そうですか。それで、どうして僕なんかに会おうと?」
 「デイビスさんの事は中国にいた頃小耳に挟みました。元々、私が留学したのも、この村の役に立ちたいと思ったからでした。私の家は古くから商人をやっていて、色んな情報が入ってきました。この村には電気もろくにありませんからね。一人くらいそういう事に詳しい人がいなくては、と小さい頃から思っていました」
 「それで、中国に留学したと」
 「はい。本題に移る前に、米国の話をしてくださいませんか。経済大国として日本を抜いたから、中国の興味は大分アメリカに向いていたんですけど、やはり情報統制があって」
 「そうだな……」
 僕は道の辺りを見回しながらいった。どうやら、彼女の家はラタ一家の方向にあるようだった。
 「やはり便利だったよ。いつでも大抵の好きな情報は得られるし、住んでいたカリフォルニアだと、だだっ広いから何処へ行くにも車で楽だった。グーグルやアップルの本社もあった。割かしのどかで、緑といえば緑だったな。ただ、サンフランシスコへ行くのは好きじゃなかったな。この村にいると、そんな文明社会があることを忘れてしまいそうだ」
 「もうお戻りにはならないんですか」
 「その予定はないですね」
 どうやら、彼女は僕の事を知っているといっても、仕事を干された事までは知っていないようだった。
 「中国だって、夢の国ではありませんでしたね」
 彼女は交差した両手を見つめて言った。
 「貴方はアメリカに住んでいた時、ホームレスを見ましたか。中国も、結局はどの先進国も一緒です。どんなに国が豊かになっても、それは相対的なGDPでしかない。国はどんどん豊かになっていっているのに、農民は貧困から抜け出せない。その上空気はスモッグ。『豊かになる』って、一体どういう事を意味するんでしょうか。地球の未知をひたすら解明して、世界の知力の先頭に立つことでしょうか」
 「アイダさーん」
 突然子供の声がした。二人して声のした方角を見ると、幼い女の子が一人ぎこちなく駆けてきていた。前方には煙を吐く煙突を目印としたラタの家が見えた。
 「ラタ」
 アイダは驚いたように幼子を抱きとめた。
 「どうしたの、あなた。歩いてる」
 「デイビスおじさんが魔法の道具を貸しくださったのよ」
 「それは知ってるわ。でも、そのスーツを今は着ていないじゃない」
 「ロボットスーツは元々リハビリテーションに応用される目的で開発されていたんです。ラタの場合、それが療養になって、回復したんだと思います」
 「学校が始まったから前より遊べなくなったけど、又皆と一緒に山登りに行けるようになったのよ」
 ラタがはしゃいで言うと、アイダはクスリと笑い、
 「良かったね。もう落ちないように気をつけるのよ。神様も二度は味方してくれないかもよ」
 「分かってるよ」
 ふれくされるラタの頭をなで、僕達は再び歩き始めた。

 もう暫く歩くと、山のふもとへと続く道の近くに立っている木造の家に着いた。
 「ここです」
 アイダが鍵代わりのレバーをあげ、家のドアを開けた。
 中に入ると、日当たりと風通しのいいようにつけられた窓のある居間に通された。
 「どうぞお座りください」
 アイダは日の光に向く席を取り、言った。
 「さて、ここから本題に入ります」
 僕が彼女の前に座ると、彼女は話始めた。
 「先程から何度も言っていますが、私は中国に留学していました。そこに住んでいた3年間余りで、私は技術発展の偉大さを感じました。自然とのふれあいは勿論大切です。でも、この村にも、科学との関係を持って欲しいのです。さっきの村長の話の通り、この村は国そのものからかけ離れている分、科学についてはものすごく疎いです。その科学技術の導入の手伝いを、貴方にしていただきたいと思ってきました。手伝っていただけませんか」
 やはり僕はよそ者なのだろうかと思った。いくらこの村で暮らして数年になろうとしていても、この村の事をよりよく知っているとすれば彼女であろう。ましてや、彼女は発展を大体修了したアメリカではなく、今発展真っ盛りの中国を見てきた。だったら、この村の未来も、この村の若者自身に委ねるのも妥当だろう。
 「分かった。僕に出来る事なら、出来る限り君の支援をすることを約束しよう」
 「ありがとうございます」
 彼女はにこやかにいい、腕につけてあった腕時計をチラッと見た。
 「あら、もう昼過ぎですね。お昼、一緒にいかがですか」
 腹は全くと言っていい程空いていなかったが、彼女の好意に甘えることにした。


 昼食をとりながら、僕達は話を続けた。
 「それで、貴方は既に何か計画を立ててありますか?」
 サラダロールのようなサンドウィッチを手にしながら僕は聞いた。
 「はい、」
 彼女は皿に食べかけのサンドウィッチをおき、頷いた。
 「まずは、この村での科学教育から始めたいと考えています。
 「中国にいた頃、これはまた幸運なことに、アメリカのネイチャー・コーポレーションの中国支店でインターンシップをとったんです。そのネイチャー・コーポレーションというのは、世界への自然科学技術の促進―自然と科学の本当の意味での共存をスローガンにしているそうなんです。そこでインターンシップが終わった後、その旨について相談をしたら、興味を持ってくださったので、そこに連絡をとろうと考えています」
 ネイチャー・コーポレーション。この村に来てすっかり田舎ボケになってしまった僕には、非現実的な響きだった。しかし、それと同時に、二度と思い出したくない過去の蓋が外れた感じがした。アメリカに住んでいた頃聞いた事があるはずだった。それが何時、どんな状況下であったかは、その時思い出せなかった。
 「村の人たちは、その件についてなんと」
 「村長は、よろしい、とおっしゃってくださいました。万一、この農牧生活が続けられなくなってもいいように準備したい、と」
 「いいですね」
 僕は感心して腕を組んだ。
 「では、まずはネイチャー・コーポレーションと連絡を取ることから始めましょう。今は現地時間だとまだ深夜ですね。今日の夕方か明日の朝、ふもとの町に行って電話をかけて連絡を取ってみましょう」


 「……という話なんだ」
 アイダに一端別れを告げた後、今ではすっかり親友同士となったラタの父親ハヌマ―ンに、アイダの旨を伝えてみた。
 「うーん。科学についてもっと知れば、これ以上の生活が手に入るのか?といっても、羊達の小屋をもっと頑丈に作れるようになるとかその程度の事しか考え付かんのだが」
 ハヌマ―ンはくりくりの黒髪の生えた頭をかきながら言った。
 「ああ、なるさ。でも、何もアメリカみたいになれっつってる訳じゃない。ちょっと水の力や風の力を借りれば、山のふもととの行き来だってグッと楽になるんだ」
 「アメリカみたいになったら、折角山の上で生活してるって言うのに、こっちが家畜みたいにコロコロ太っちまうもんなあ。そういや、お前さんは余り出てないけどな」
 そんなジョークを言い合っていると、外が慌しいことに気付いた。二人して外に出て、他の村人達の流れについていった。すると、再び村長の家についた。

 村長の家の前で、村長とアメリカ人らしきビジネスマン3人がもめていた。それを遠巻きにできた群集を割って前に出ると、それは何か見覚えのある顔ぶれだった。
 「だから、何度も言っているじゃありませんか、ラジム村長さん。この村のエネルギー工場化は、世界に大変な貢献となるんですよ」
 「現に、子供が小さい頃転落して、危うく死んでしまうところだったそうではありませんか」
 「それをロボットスーツが救った。それがなかったら、彼女は今も歩けない。その子の精神的安定に寄与した国際社会に、今度はこの村が全体で恩返しする機会ではないのですか。いくらこの様に山の上の部落であれ、世界の一員である事は変わらなのですから」
 『新しい風力発電用の風車を立てるため、この村を潰すそうだ。』
 『ユネスコにも何にも保護されていないこんな地区の自然は、なくてもソンはないということか。』
 群集がざわついていた。それは僕の心の中の状況と全く同じだった。
 ネイチャー・コーポレーション。それは僕の仕事での「入力ミス」をした原因となる仕事の相手先であった。
 「あ、」
 一連の動作を見ていると、横で聞き覚えのある声が聞こえた。アイダだった。
 「ネイチャー・コーポレーションの人たち……でもどうして?」
 「二酸化炭素が増えて、温暖化がこれ以上進めば、ここの気候も全く変わっていってしまう。もしかしたら、この山も雪崩が多発して、」
 「では、これが最終警告です。今度、一週間後にまた伺います。その時も頑として譲らないのならば、それはそれで、この村には制裁を加えねばならないと思いますが」
 いかにも脅迫的な台詞を言い残して、三人組は山のふもとへと身を翻していった。子供達が道端の小石を拾って彼らに投げつけようとするのを、大人達が静かに制止していた。


「貴方の言っていた『より楽な生活』 ってこういう事だったのか!?」
ハヌマーンが聞いた。
「オレは今までの俺達の生き方が大好きだった。だから、あんたに手を貸したんだ。なのに、これじゃあまるで植民地時代の再来だ。新しい科学技術をここに持ち込んで導入するクセに、人々には何も教えない」
 「貴方は帰る場所があるかもしれない。でも、私達はここを追い出されたら、どこへ行けというのですか」
 「それはナチュラル・コーポレーション社の方が手配していると思いますが……」
 僕がまともにその質問に答えると、
 「ここは私達の故郷なんですよ。存在そのものなんですよ。それを簡単に捨てろといえるのですか」
 ですが、彼らを呼んだのは僕じゃない、という言葉が喉で詰まった。
 「待ってください」
 横でアイダの声がした。
 「私達は確かにネイチャー・コーポレーションと供託するつもりでした。でも、私達はこれから連絡を取るつもりでした。あれは、私がインターンをしたときに伝えた情報を、いいように彼らが操作しているのです」
 「確かに、先進国の科学発達がなかったら、ラタは一生歩けなかったに違いない。それを、今頭ごなしに怒鳴りつけるのは、どうも筋が通らない」
 「では村長は、あの白人共の要求を呑めとおっしゃるのですか。それにあの連中、どうもいけすかない。まるで世界が自分達中心で、自分達のお陰で回ってるという態度をしやがる」
 男はテーブルに拳を撃ちつけた。
 「これ、そう怒りに身を任せるな。誰も、かけがえの無い村を売るなどといっていない。ここには一度壊してしまえば二度と取り戻すことの出来ない自然だってある。かといって、あの連中が言っていたように、私らも何時までも山篭りしていられないだろう」
 「では、どうすればいいのでしょうか」
 「僕に良い案があります」
 僕はぱっと、うつむいていた顔をあげた。


 ネイチャー・コーポレーションの三人組が約束した一週間後、僕は村長の代わりに三人に対応すべく、村全体で練った構想を反芻していた。
 「こんにちは。決断はでましたか村長」
 その言葉とともに、ネイチャーコーポレーションの三人が部屋に入ってきた。
 僕をみとめると、
 「おや、村長はいかがなさいました。それとも、我々は村長の対応すら値しない、という訳ですか」
 「まあ、座ってください」
 挑発まがいの言葉を受け止め、僕は机を挟んだ反対側の座布団三枚を指した。彼らが席に着いたのを確認するやいなや、僕は本題に入った。
 「ネイチャー・コーポレーションの皆さん。ようこそお越しいただきました。さて、ここでとある過去の事象について語りましょう。話し合いは、その後です」
  「数年前のこの時期、とある企業Mはとある企業Nと二酸化炭素排出量の低い商品の販売協定を結びました。とある企業Nはその商品の広告を、デザイン力があると相手側の社員Eに任せた。社員Eは確かに送られてきた資料に書かれた通りの二酸化炭素削減量等を記載した広告を作った。しかし、その広告された商品―エアコンだったか―が実際は割安を保つ為に構造を簡単にした分、環境に悪影響を及ぼしていたという事実が発見された。企業Nは無罪、企業Mも大方無罪だったのに対し、社員Eは詐欺、業務上の過失を咎められ、アメリカにはとてもいられる状況ではなくなった社員Eの行方を知るものは、いまだいない……」
 ネイチャー社の顔の血の気が引いた。
 「そう、実際は、企業N,大方ネイチャー・コーポレーションは情報改ざんを行い、それを一人の社員になすりつけた。しかし、社員Eはまだその送りつけられた資料を大切に保管している。我々は、そんな企業の語る自然への国際的観点からの貢献など、とうに信用できない」
 僕は組んでいた両手を離し、身を乗り出した。
 「それでもまだ、身の潔白を証明できるというのなら、我々は潔くこの村を明け渡します」
 「機密情報がなぜ漏れている…….サイバー攻撃か!?」
 三人組は悪態をつきながら、あっけなく退場していった。


 「私も、本当の意味で科学を理解していなかったんですね」
 三人組の後姿に小石を投げつけている子供の姿をみながら、アイダはうなだれて言った。
 「でもそのお陰で、実際に僕達がやろうとしていた科学教育を、村全体でやろうという動きが起きています」
 「そうですね。これからはこの村がこの村らしく、自然と共存しつつ少しでも世界の助けになれる方法を模索しようと思います」
 「ラタが大きくなる頃には、この景色はどうなっているのか、ですね」
僕は数年前に、ベランダで座って見つめた草原を、再び見回した。



*1 山海さん―山海嘉之(さんかいよしゆき)システム情報工学研究科教授は実在する人物で、世界初のロボットスーツ開発者です。この話のなかでは完成品として取り上げましたが、実際は現在も開発過程です。
ネイチャー・コーポレーションは実在する会社のものではありません。