詩 「俳優と神」



俳優と神
府川 周平


役者とは自分で無い役を演じ

視聴者を驚かす

神は存在しない状況を演じ

人間の脳を惑わしている

そして人間の進歩に貢献している