フォトエッセー 「美しい日本、尾瀬」

フォトエッセー
美しい日本、尾瀬
府川 周平


 外国から日本は自然や文化、考えがとても美しいと言われている。日本の自然は正に美しい。日本の美しい自然を発揮する場所の一つは尾瀬だ。尾瀬は福島、新潟、栃木、そして群馬県の中心に存する盆地状の高原だ。尾瀬は自然と触れ合い、仕事や勉強から離れてリラックス出来る観光スポットだ。幅がおよそ五十センチの木の板二枚が何十キロも渡り、ハイキングの道になっている。ハイキングの始めは多くの木が道を囲み、太陽の日光を防ぐ。左の写真の様だ(グリコを遊んでいました)。とても涼しくて、茂る木と緑が心を癒してしまいます。しばらく歩くと休憩場があり、休み、飲食するのが可能だ。その後、少しあること周りの木は無くなり、解放されるように空と太陽が見られ、広がる大地が目を驚かせる。右の写真を見れば美しさが分かるだろう。尾瀬は今まで視察した観光スポットの中では一番美しい場所だった。トラブルも無く、楽しく無事に自然と触れ合うことが出来た。